page bottom

トップページ > 果樹の栽培記録 > 授粉樹としての銀寄の栽培

授粉樹としての銀寄の栽培


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination.



栽培しやすさ ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★☆


トゲなし栗の栽培をしています。花はたくさん咲くのですが、実が生りません。ミツバチなどの花粉媒介者もけっこういたのですが、だめでした。これはもう、授粉樹の苗木を植えるしかないと思いました。そこで、2014年12月23日(火)、近くのホームセンターから銀寄という栗の木の苗木を買ってきました。税込みで1034円でした。
開花したら人工授粉をすると、より確実に受粉できるそうなので、来年2015年は試してみようと思います。今日買ってきた苗木はさすがに来年は咲かないので、近所から雄花をもらってきてとげなし栗の花に授粉しようと思います。枝先に穂状に咲くのが雄花で、その雄花の基部に咲くのが雌花だそうです。
苗木の植え付けは12~3月なので、正月に日当たりの良い場所を選んで植えるつもりです。高さ50~60cmで切り返して植えます(切り返しとは、脇枝をすべて切りつめることです)。地植えでは害虫を防ぎきれないので、庭で鉢植えで育てる選択肢も考えています。その場合は、苗木を7~8号鉢に植え付け、鉢と同じ高さまで脇枝をすべて切りつめます。鉢の高さの2.5~3倍で芯をとめ、収穫は全体で7~8果を目安にするとよいとのことです。たくさん収穫したいなら地植えがいいように思います。授粉用だけなら鉢植えでも良さそうな気がします。ただ、銀寄は低樹高に向かないと言われています。



Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
授粉樹として銀寄せの苗木を買ってきました。
(2014年12月23日)


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
もう落葉しかかっています。
(2014年12月23日)


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
苗木の上半分の様子。
(2014年12月23日)


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
全体像はこんな感じです。写真左下はラ・フランス。
(2014年12月23日)


2014年12月26日(金)夕方に10号ポットを買ってきて、ポリポットから移しました。そこにあいかの香りの種も全部の量の半分(10個中の約5個分)、置きました。そのあと、食べないうちに傷んでしまった香緑を置きました。少しでも肥やしになってくれたらいいです。香緑の芽も出て来るでしょうけど。


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
銀寄のポリポットから10号鉢に移しました。
そこに、あいかの香りの種も置きました。
(2014年12月26日)


Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
キウイ香緑が腐ってしまったので、土に返します。
(2014年12月27日)


La France
右が銀寄の苗木で、左はラ・フランスの苗木
(2014年12月27日)

Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
大きな柿からとった種もポリポットの土ごと根元に移しました。この柿の種は最初は銀色の小さなポリポットに土を入れて2ヶ月間蒔いていました。
(2014年12月27日)

Chestnut Gin-yose Tree
50分後、レッドオレンジの種も蒔きました。 (2015年2月28日)。でも、2015年3月28日現在、芽は出ていませんでした。

Chestnut Gin-yose Tree for Pollination
鉢の中ではりんごあいかの香りの種から発芽していました。香緑も発芽しています。
(2015年3月28日)

Chestnut Gin-yose Tree
芽が出てきそうな雰囲気です。
(2015年3月29日)


Chestnut Gin-yose Tree
葉っぱが繁っていました。
(2015年5月2日)


Chestnut Gin-yose Tree
これから地植えします。鉢から土ごと抜き取ったらミミズがいました。土の状態は良いようです。
(2015年5月31日)


Chestnut Gin-yose Tree
ザクロの実生の隣りに植えました。ザクロはそのうち処分します。
(2015年5月31日)


Chestnut Gin-yose Tree
順調に育っているようです。
(2015年7月5日)


Chestnut Gin-yose Tree
根元のキウイ香緑は草と間違われて抜かれてしまいました。
(2015年7月5日)


Chestnut Gin-yose Tree
明らかに1ヶ月前より生長しています。
(2015年8月14日)


Chestnut Gin-yose Tree
軽トラに踏まれてなくなっていました。台木だけが残っています。涙も出ません。
(2015年10月17日)


2015年10月17日に帰ってみたら、軽トラのタイヤの跡がついていて、銀寄の苗木がない!よく見るとタイヤに踏まれて台木だけが残っていました。とても悲しい気分になりました。この11ヶ月は何だったんだろう。

気持ちを切り替えて、とげなし栗の実生丹沢ぽろたんの栽培に注力します。これらの中から2本は育ってほしい。









Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

Page Top