夕方の湿地帯でエサを探していたヘラサギの観察

↑上のアイキャッチ画像は2021年11月24日の夕方に公園に隣接する湿地帯でエサを探しながら歩き回っていたクチバシが長くて先端が平たいヘラサギ。(17:15撮影)

夕方の湿地帯で歩き回りながら餌を探していたヘラサギ(2021年11月24日)

ヘラサギ
公園に隣接する湿地帯で夕方にエサを探して歩き回っていた白鷺とイソシギと思われる水鳥。大きい方の鳥は最初はコサギだと思っていたのですが、コサギよりクチバシが長く、先端がへら状になっていることが判明しました。(2021年11月24日17:12撮影)

ヘラサギ
コサギではなくヘラサギでした。拡大してみるとクチバシが平たいことが確認できます。(2021年11月24日17:12撮影)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(2枚目/8枚)。(2021年11月24日17:12撮影)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(3枚目/8枚)。(2021年11月24日17:14撮影)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(4枚目/8枚)。(2021年11月24日17:15撮影)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(5枚目/8枚)。(2021年11月24日17:15撮影)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(6枚目/8枚)。(2021年11月24日17:15撮影)

夕方の湿地帯で1羽のヘラサギがエサを探して歩き回っているところを動画撮影しました。この動画では1羽しか映っていませんが、3羽いました。セイタカシギ同様、私自身初めて見た鳥です。Freddie Mercuryの31回目の命日はヘラサギを初めて見た日でした。(2021年11月24日17:18撮影)(2021年11月24日公開)

ヘラサギ
クチバシが長く、先端がへら状になっていることがわかる写真(7枚目/8枚)。(2021年11月24日17:23撮影)

結果と考察(2021年11月24日現在)

今日はFreddie Mercuryの命日です。亡くなってからちょうど30年経ちました。そんな日の夕方、初めてヘラサギという鳥を見ることができました。この辺りで鳥の観察を始めてから7年ぐらい経ちますが、コサギ、アオサギ、ダイサギ、ササゴイ、ゴイサギは何度も見たことがあります。しかし、ヘラサギを見たのは今日が初めてでした。九州には数は少ないけれども毎年飛来するといわれていますが、今日はとても珍しいものを見ることができたような気がします。

遠くからでも歩きぶりで容易に見分けがつくヘラサギ(2021年11月26日)

ヘラサギ
夕方の湿地帯でエサを漁っていた1羽のヘラサギ。クチバシが長く、特徴的な動きで歩き回っているのでヘラサギとわかります。(2021年11月26日17:30撮影)

ヘラサギ
ヘラサギの部分を切り取って拡大しました。クチバシがコサギやダイサギよりも長いことがこの写真からも何となくわかります。しかし、動画を見るとその動きからヘラサギとすぐにわかります。(2021年11月26日17:30撮影)

ヘラサギ
水面に立っている波の様子から、このヘラサギがけっこう速く移動していることが窺えます。(2021年11月26日17:30撮影)

ヘラサギ
ヘラサギはクチバシを水に浸けたまま移動しています。(2021年11月26日17:30撮影)

夕方の湿地帯で1羽のヘラサギがエサを探して歩き回っているところを動画撮影しました。100メートルぐらい離れていて暗かったのですが、その特徴的な外見と動きから容易にヘラサギとわかりました。(2021年11月26日17:32撮影)(2021年11月26日公開)

ヘラサギ
ヘラサギは半径10メートルぐらいの範囲を移動していました。(2021年11月26日17:33撮影)

ヘラサギ
クチバシを開いているヘラサギ。(2021年11月26日17:33撮影)

まとめ(2021年11月26日)

ヘラサギはその特徴的な外見と歩き方から、遠くからでも容易に識別できることがわかりました。

夕方の湿地帯で羽根を整えているヘラサギ(2021年12月1日)

夕方の湿地帯で1羽のヘラサギが羽根を整え始めました。左側の奥にいるもう1羽のヘラサギはエサを探して歩き回っていました。(2021年12月1日17:08撮影)(2021年12月1日公開)

ヘラサギ
動画の中で羽根を整えていたのは右側のヘラサギです。エサを探していたヘラサギは左側の奥に写っています。(2021年12月1日17:08撮影)







関連記事

  1. カラスから逃げて私の方に一時的に避難して来た3羽のコガモ

  2. 夕方に飛んでいたコウモリ

  3. 住宅地の貯水池にいる人馴れしたミシシッピアカミミガメ

  4. 日齢489日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

  5. シマエナガの鳴き声

  6. そよ風

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年12月)

    2021.12.01

  2. 夕方の用水路の浅瀬で獲物を狙っているコサギの観察(2021年11月〜)

    2021.11.27

  3. 夕方の湿地帯でエサを探していたセイタカシギ

    2021.11.25

  4. 夕方の湿地帯でエサを探していたヘラサギの観察

    2021.11.24

  5. 飼育975日からの通算2匹目のスッポンの飼育記録(2021年7月〜)

    2021.11.22

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー