フルーツを食べて種から育てる

イエローストロベリーグァバ
  1. サムネイル
  2. What's New!
  3. 五十音順索引
  4. 時系列順索引

トップページ > フルーツを食べて種から育てる > 晩白柚の皮むきと種まき

晩白柚の皮むきと種まき Banpeiyu

2016年1月7日(木)の昼に晩白柚を食べました。甘くて、香りも良くて、果汁も多くて美味しいです。1個1000円以上するのですが、高くてもそれだけの価値はあると思います。大きいので4分の1に割って、ラップをして冷蔵庫に保存しました。食べたあとに、種はベランダの鉢の中に蒔きました。



晩白柚サンふじと比べても大きさが歴然。
(2016年1月7日)
晩白柚包丁で皮を剝きました。
(2016年1月7日)
晩白柚剥いた皮。風呂入れると香りがいいです。
(2016年1月7日)
晩白柚内果皮がかなり付いています。これを削って砂糖漬けに使えます。
(2016年1月7日)
晩白柚内果皮を削ってスリムにしました。
(2016年1月7日)
晩白柚これが削った内果皮。
(2016年1月7日)
晩白柚手で4つに割りました。
(2016年1月7日)
晩白柚ラップで包んで冷蔵庫に入れました。
(2016年1月7日)
晩白柚実がぎっしり詰まっています。
(2016年1月7日)
晩白柚果汁が多くて、香りも良くて、甘くて美味しいです。砂瓤(さじょう)がプチプチして美味しかったです。
(2016年1月7日)
晩白柚ひとまず4個蒔きました。
(2016年1月8日)
晩白柚さらに種を追加しました。瓤嚢(じょうのう)をキッチンばさみで切って入れました。
(2016年1月9日)

まとめと今後の予定

晩白柚は東南アジアが原産で、九州では八代市が名産地です。皮は砂糖で煮てザボン漬けにするとよいようなので、やってみたいと思います。種は随時蒔いて行きます。






Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの上へ戻る