減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年2月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

ランニングシューズ

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2020年2月1日〜)

年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2020年2月1日
夕方に近所のウォーキング(30分)
62kg
2020年2月2日
夕方に近所のウォーキング(30分)
62kg
2020年2月3日
夕方に近所のウォーキング(40分)
62.5kg
2020年2月4日
夕方に近所のウォーキング(40分)
62.5kg
2020年2月5日
夕方に近所のウォーキング(30分)
62.5kg
2020年2月6日
夕方に近所のウォーキング(30分)。花粉症のため花粉を検知。シーズン到来の模様。鼻水少々。
62.5kg
2020年2月7日
ランチはサラダバー付きのレストランでお腹いっぱい食べた。雨のためウォーキングは休み。
63kg
2020年2月8日
夕方に近所のウォーキング(40分)
62.5kg
2020年2月9日
今日は花粉症の症状が出たのでウォーキングは休み
62.5kg
2020年2月10日
夕方に書店(60分)
62.5kg
2020年2月11日
夕方に近所のウォーキング(30分)
62kg
2020年2月12日
雨天のためウォーキングには行かなかった
62kg
2020年2月13日
鼻炎のためウォーキングは休み
62.5kg
2020年2月14日
サラダバー付きのランチでお腹いっぱい食べて夕食は食べなかった
63kg
2020年2月15日
ショッピングモールの書店に行った(2時間)
62.5kg
2020年2月16日
雨のためウォーキングは休み
62.5kg
2020年2月17日
ショッピングモールとホームセンターに行った(1.5時間)
62.5kg
2020年2月18日
ショッピングモールに行った(1時間)
62.5kg
2020年2月19日
花粉症のためウォーキングは休み
62.5kg
2020年2月20日
花粉症のためウォーキングは休み
62.5kg
2020年2月21日
夕方に近所のウォーキング(30分)
62.5kg
2020年2月22日
電線にかかった柿の木の枝を切る作業(30分)
62.5kg
2020年2月23日
鹿児島市にランチに行って天文館を歩いた(90分)
63kg
2020年2月24日
洗車(30分)。連休中に実家で食べ過ぎた。
64kg
2020年2月25日
夕方に近所のウォーキング(35分)
62.5kg
2020年2月26日
花粉症のためウォーキングは休み
63kg
2020年2月27日
夕方に近所のウォーキング(40分)
63.5kg
2020年2月28日
雨のためウォーキングは休み
63kg
2020年2月29日
雨のためウォーキングは休み
63kg

ランニングシューズ

途中経過(2020年2月3日現在)

あと数ヶ月で新年度の特定健診を受けることができるので、それまで61kgを意識してウォーキングに励もうと思います。ただ、これからスギ花粉とヒノキ花粉が5月ゴールデンウィークぐらいまで飛ぶので、それがウォーキングによる減量にどう影響するか未知数です。

途中経過(2020年2月15日現在)

スギ花粉が飛ぶ季節は私は体調が悪いので、歩かない日が増えがちです。体重は62.5kgぐらいで推移しています。

まとめ(2020年2月29日現在)

2月は花粉症が始まることもあり、ウォーキングを休む日が増えました。その結果、体重は62.5kg前後に留まっていましたが、2月末にはむしろ1kgほど増えてしまいました。1日たった30分とはいえ、歩かない日が増えると体重は増加傾向になりました。やはり毎日歩くことを心がけるべきだと思いました。とはいえ、雨天の日はなかなか難しいです。3月もスギ花粉が飛ぶので2月と同様な生活になりそうですが、歩くのは毎日は無理でも休んだ分はウォーキングの時間を増やすことによってカバーし、1日あたり30分はキープしたいと思います。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討と健康診断結果の総括(2021年7月)

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年3月)

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年3月)

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(10月1日〜11月30日)

  6. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年2月)

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー