減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年8月)

こんにちは 隠れ熊の実です。

体重60kgで2021年8月を迎えました。7月下旬は59.5kg前後で体重が安定していましたが、7月末日に60kgでした😅

体重減少に及ぼすウォーキングの影響(2021年8月1日〜)

年月日
ウォーキングの量
体重(入浴後)
2021年8月1日
雨の中、早朝のウォーキング(30分)
夕方のウォーキング(60分)
59.5kg
2021年8月2日
早朝のウォーキング(30分)
夕方の魚掬い(40分)
夕方のウォーキング(夕立が来たので30分で切り上げ)
59.5kg
2021年8月3日
早朝のウォーキング(20分)
夕方のウォーキング(50分)
59.5kg
2021年8月4日
早朝のウォーキング(15分)
夕方のウォーキング(45分)
59.5kg
2021年8月5日
早朝のウォーキング(15分)
夕方のウォーキング(50分)
58.5kg
2021年8月6日
昼食はサラダバー付き(白米はカレー軽く2杯分食べた)
夕方のウォーキング(40分)
夕食は食べなかった。
60kg
2021年8月7日
夕方のウォーキング(夕立が来そうだったので30分で切り上げ)
59.5kg
2021年8月8日
雨のため夕方のウォーキングは休み
60kg
2021年8月9日
夕方のウォーキング(30分)←夕立に遭って急いで帰った為
59.5kg
2021年8月10日
夕方のウォーキング(40分)
59.5kg
2021年8月11日
大雨のため夕方のウォーキングは休み
59.5kg
2021年8月12日
大雨のため夕方のウォーキングは休み(線状降水帯)
59kg
2021年8月13日
大雨のため夕方のウォーキングは休み
60kg
2021年8月14日
大雨のため夕方のウォーキングは休み
60.5kg
2021年8月15日
大雨のため夕方のウォーキングは休み
60.5kg
2021年8月16日
夕方のウォーキング(35分)
59.5kg
2021年8月17日
夕方のウォーキング(30分)
60kg
2021年8月18日
夕方のウォーキング(30分)
60kg
2021年8月19日
夕方のウォーキング(50分)
59.5kg
2021年8月20日
夕方のウォーキング(40分)
60kg
2021年8月21日
夕方のウォーキング(40分)
60kg
2021年8月22日
夕方のウォーキング(60分)
59.5kg
2021年8月23日
夕方のウォーキング(40分)
59.5kg
2021年8月24日
夕方のウォーキング(40分)
59.5kg
2021年8月25日
夕方のウォーキング(50分)
59.5kg
2021年8月26日
夕方のウォーキング(40分)
59.5kg
2021年8月27日
昼食はサラダバー付き(白米はカレー軽く1杯分食べた)
ドリンクバー付き(クーポン使用)(ソフトクリーム軽く2回食べた)
夕方のウォーキング(40分)
夕食は食べなかった。
60.5kg
2021年8月28日
夕方のウォーキング(30分+30分)
59kg
2021年8月29日
夕方のウォーキング(50分)
59kg
2021年8月30日
夕方のウォーキング(40分)。ミシシッピアカミミガメが釣り針を飲み込んでいた。連れて帰って翌日の朝に動物病院に連れて行った。
59kg
2021年8月31日
針は結局取れなかった。抗生剤を打ってもらって午後にリリースした。午後のミシシッピアカミミガメのリリース(30分)、夕方のウォーキングで赤ちゃんスッポン保護(30分)、夕方のウォーキングでミシシッピアカミミガメが現れたので餌をやったり観察(90分)
59kg

2021年8月の途中経過(2021年8月1日現在)

8月1日は59.5kgでのスタートとなりました。

2021年8月の途中経過(2021年8月5日現在)

体重が58.5kgぐらいまで減っていました。あまり水分を摂取しなかった可能性があります。朝から頭痛がしていたので熱中症的な症状が出ていた可能性もあります。注意しなければなりません。個人的には体重が急に下がることはあまり嬉しくなk、却って怖いです。尿管結石の症状が出たりする可能性が高まるし、血液が濃縮されることはあまりよくないからです。

2021年8月のまとめ(2021年8月31日現在)

8月は59kgという結果で終わりました。7月は60kgで終わったので、8月の1ヶ月で1kg減量したということになります。私は高校時代から大学時代にかけて57kg〜58kgだったので、それに近づいたと言えます。昔のジーンズも穿けるようになりましたし、よかったです。ただ、昔の体重に近づいたとはいえ、筋肉量は落ちたのは明らかなので、単純に比較はできないと思います。最後の2日間はミシシッピアカミミガメのことがショックで結果的に59kgキープになったような気もしています。







関連記事

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年1月)

  3. 新年2日の帰省前にバッテリーが上がってしまった時に私がとった行動

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年1月)

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討:12月の減量は困難

  6. アパートの駐車場でタイヤにネジが刺さってパンクしていた時に私がとった方法

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜47匹目)

    2021.09.12

  2. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

    2021.09.11

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

    2021.09.10

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

    2021.09.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー