「な」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

こんにちは。熊の実です。

今回は「な」で始まる鹿児島弁の単語を挙げています。「な」で始まる鹿児島弁は「に」「ぬ」「ね」「の」で始まる単語より多いです。けっこう重要な単語が含まれています。

解説は表のあとに書いています。

「な」で始まる鹿児島弁の単語

番号
鹿児島弁
意味
1
2
ナア
3
ナァ
問い返す言葉
4
ナアヲネッ
縄をなう
5
ナィ
なに?
6
ナイガァ
まさか
7
ナイガナシ
とにかく
8
ナイガモー
まさか
9
ナイゴテ
何故
10
ナイゴッ?
なにごと?
11
ナイシケ
何しに
12
ナイショット
何をしているの
13
ナイドコイジャナカ
忙しいさま
14
ナイナ
何?
15
ナイフッ
なり振り
16
ナイモ
なにも
17
ナイモカイモ
なにもかも
18
ナイモケン
一切
19
ナエ
地震
20
ナエ
中風
21
ナオイ
移る
22
ナオス
しまう
23
ナカ
無い
24
ナカエ
下座敷
25
ナカゲ
仲買
26
ナガグッ
長靴
27
ナカゴッナッタ
紛失した
28
ナガシ
梅雨
29
ナガシノイー
梅雨入り
30
ナガシバナ
紫陽花(あじさい)
31
ナカスッ
泣かす
32
ナカダッ
仲人
33
ナカダッヲスッ
仲人をする
34
ナカツッ
中次ぎ
35
ナガッノビョ
結核
36
ナカナオィ
仲直り
37
ナガブイ
久しぶり
38
ナカモンナナカ
ないものはない
39
ナカヨクイ
中休み
40
ナガラメ
とこぶし
41
ナキムッ
泣き虫
42
ナグッ
投げる
43
ナグンナ
投げるな
44
ナケ
中へ
45
ナゲ
長い
46
ナケベシ
いもり
47
ナケベシ
泣き虫
48
ナケベッショ
泣き虫
49
ナゲッ
嘆く
50
ナゴィ
名残
51
ナゴシサア
夏越祭
52
ナゴナッ
寝そべる
53
ナゴブイ
久しぶり
54
ナゴン
和む(なごむ)
55
ナサケネ
情けない
56
ナサケンナカ
情けない
57
ナシケ
何故?
58
ナシタイ
〜したり
59
ナジン
馴染む
60
ナスッ
ぬりつける
61
ナスッ
ナスビ、茄子
62
ナスィツクッ
なすりつける
63
ナッ
出来る
64
ナッ
成る
65
ナッ
泣く
66
ナッ
鳴く
67
ナッ
68
ナッ
凪(なぎ)
69
ナッオラッ
泣き叫ぶ
70
ナッカシ
懐かしい
71
ナッカブイ
泣き出しそうになる
72
ナッケユエ
名付け祝い
73
ナッサムッ
慰める
74
ナッサン
なぐさみ
75
ナッチョイ
なっている
76
ナツッ
なつく
77
ナッデデ
ナツミカン
78
ナッナタ
薙刀(なぎなた)
79
ナッバショ
夏場所
80
ナッベショ
なきべそ、泣き虫
81
ナッモナラン
手が尽くせない
82
ナッワレ
泣き笑い
83
ナナッ
七つ、七
84
ナナトコズシ
七種粥
85
ナバ
キノコ
86
ナベスケ
鍋敷
87
ナマイ
88
ナマイ
訛り
89
ナマクセ
生臭い
90
ナマシレン
いい加減な
91
ナマスカン
生意気な
92
ナマヌッカ
なま暖かい
93
ナマヌルカ
なまぬるい
94
ナマヌリ
動作が鈍い
95
ナムッ
なめる
96
ナメズイ
なめる
97
ナメクッ
なめくじ
98
ナヤン
悩む
99
ナユッ
移す
100
ナユショット
何をしているの
101
ナラシ
練習
102
ナラシ
掛け竿
103
ナラッ
並ぶ
104
ナラン
平均
105
ナル
習う
106
ナルッ
慣れる、馴れる
107
ナレ
習慣
108
ナレバ
できれば
109
ナワトッ
縄跳び
110
ナワバィ
縄張り
111
ナン
112
ナンカ
長い
113
ナンカカッ
もたれかかる
114
ナンカンセック
七草節句
115
ナンギサアナ
難儀な
116
ナンゲ
アサリ(貝)
117
ナンコ
南交(なんこ)、箸戦(なんこ)
118
ナンゴッ
何事?
119
ナンゴッ
南国
120
ナンコン
投げ込む
121
ナンダ
122
ナンチ?
何?
123
ナンチテン
なんと言っても
124
ナンチワナラン
非常に良い
125
ナンジャロカイ?
なんだろう?
126
ナンデン
何でも
127
ナンド
納戸(なんど)、押し入れ
128
ナントンシレン
つまらない
129
ナンノハナ
海綿
130
ナンブ
いくら
131
ナンマンサア
仏様

24番の「ナカエ」(下座敷)は、「オモテ」(床の間)同様、よく使います。

27の「ナカゴッナッタ」(紛失した)は「ネゴッナッタ」と同じです。

28番の「ナガシ」(梅雨)はよく使われます。若い人は「つゆ」と言うかもしれませんが、年配の人の中は「ながし」という人もいるでしょう。

29番の「ナガシノイー」(梅雨入り)はもともと「ナガシノイリ」、つまり「ながしの入り」が「ナガシノイー」となったものです。

30番の「ナガシバナ」(紫陽花(あじさい))は、梅雨の時期に咲くからでしょう。

39番の「ナカヨクイ」(中休み)は、「ヨク」が「休む」なので、「ナカヨクイ」は「中休み」となります。「ヨクイ」は「避ける」なので間違わないようにしましょう。

44番の「ナケ」(中へ)は、「ナカヘ」が「ナケ」になったものです。「ここに来い」が「コケケ」となるのと似ています。

48番の「ナケベッショ」(泣き虫)は「ナキベソ」ともいいます。

52番の「ナゴナッ」(寝そべる)は「長くなる」→「ナゴナッ」です。体を伸ばして寝そべるということです。「ソケナゴナッテンヨ」といえば「そこに長くなってごらん」つまり「そこに寝そべってみなさい」となります。

53番の「ナゴブイ」(久しぶり)は私は使ったことがありませんが、52番にもあった「ナゴ」の意味を考えれば「久しぶり」となります。

57番の「ナシケ」(何故?)は「〜ケ?」という疑問形です。「キュハナンニチケ?」「キュハナンニチヤッケ?」「キュハナンニチヤッケナ?」といえば、「今日は何日かなぁ?」「今日は何日かい?」「今日は何日?」という感じです。

69番の「ナッオラッ」(泣き叫ぶ)は「ナッ」(泣く)と「オラッ」(叫ぶ)がくっついたもの。

75番の「ナッチョイ」(なっている)は超重要です。よく使います。「ナッチョッ」でもいです。例えば、「ナッチョッガ」「ナッチョイガ」「ナッチョッド」は「なってるよ」、「ナッチョイカ?」は「なってるか?」といった感じです。

80番の「ナッベショ」(なきべそ、泣き虫)は、「ベソをかくこと」「ベソをよくかく奴」ということです。

89番の「ナマクセ」(生臭い)は「ヒエクセ」「ヒエクサカ」ともいいます。私のところでは後者でした。

90番の「ナマシレン」(いい加減な)は、私は子供の頃によく「ナマシレンコチョスンナ」「マコテナマシレンコッバカイスンモンジャッ」と怒られました。ただ、ニュアンスとしては「いい加減な」というより「いらんことをするな」(余計なことをするな)という感じで私は捉えていました。

91番の「ナマスカン」(生意気な)は、私の感覚としては、「ナマ」が体の一部で感じるようなニュアンスで、いわゆる「感覚的に」という感じで、「スカン」は「好かん」です。標準語のいわゆる「いけ好かない」(相手の態度がいやらしくてきらいだ)に近い感じだと思うんですよね。だから「ナマスカンワロ」といえば「何となくいけ好かない奴」という風に私は捉えます。

92番の「ナマヌッカ」(なま暖かい)は「ナマ」 + 「ヌクイ」という意味です。ただ、標準語の「ぬくい」は「気持よく暖かい」といった感じですが、「ナマ」がついていることによって「感覚的に」といった意味が加わります。これが私の解釈です。93番の「ナマヌルカ」(なまぬるい)もほぼ同様の解釈ができます。

99番の「ナユッ」(移す)は「ナエタ」(しまった)という感じで使います。九州で使われる「なおす」(しまう)が元々の意味だと思います。標準語では「直す」といえば「修理する」「治す」といった意味ですが、鹿児島弁での「ナオス」は「しまう」「収納する」「片づける」といった意味になります。「ナユッ」(移す)はそこからきているのだと思います。私自身は「ナユッ」という言葉は使ったことはなく、「ドケナエタケ?」(どこに片づけたの?)という使い方をします。

100番の「ナユショット」(何をしているの)は「ナイショット」と同じです。英語の「Nice shot!」とほぼ同じ発音ですが、ceを発音しなければ鹿児島弁の「ナイショット」です。

105番の「ナル」(習う)は、英語のbecomeの意味の「なる」は「ナッ」です。「ナル」は「習う」です。

112番の「ナンカ」(長い)はよく使われます。「ナンカナ〜」は「長いな〜」であって、阿藤快さんの「何だかな〜」の意味ではありません。

113番の「ナンカカッ」(もたれかかる)は重要です。ぜひ覚えておいてほしいと思います。

114番の「ナンカンセック」(七草節句)は「七日の節句」という意味です。

117番の「ナンコ」(南交(なんこ)、箸戦(なんこ))は、2人で対面で焼酎を飲むゲームです。短い角棒を数本、背中に回した手に隠し持って、その本数を相手に当てさせます。違っていたら焼酎をおちょこで一気飲みしますだから「何個?」と私は理解しています。

121番の「ナンダ」(涙)は、「ナンダガデックッド」(涙が出て来るよ)といった感じで使います。

122番の「ナンチ?」(何?)は。「イマナンチュウタカ?」(今、何と言うたか?)(今、何と言ったか?)といった感じで使います。

124番の「ナンチワナラン」(非常に良い)は反語的です。「何ともいえない」の意味です。「ナンチワナラン」→「ナントモイワナラン」→「ナントモイウコトガデキナイ」で「言葉が出ないほど非常に良い」となります。でも、何も言うことができないほどひどい時にも使われると私は思います。

126番の「ナンデン」(何でも)は、「ナンデンカンデン」(何でもかんでも)でお馴染みではないでしょうか(私だけ?)。

128番の「ナントンシレン」(つまらない)は、「何とも知れない」→「何とん知れん」→「ナントンシレン」と考えればわかります。私は子供の頃、じいちゃんから怒られる時に「ナントンシレン」と捨て台詞で言われました。

130番の「ナンブ」(いくら)は私は使ったことがありませんが、いわゆる「なんぼ?」でしょうか。「なんぼ」は大阪弁とか、北海道方言とか言われていますが、ほぼ標準語ではないのでしょうか。ちなみに、北海道出身の中島みゆきさんの歌に「春までなんぼ」というのがあります。私のお気に入りの曲の一つです。

131番の「ナンマンサア」(仏様)は「ナンマンダブ、ナンマンダブ」と「サア」(様)からきているのだと思います。

以上、「な」で始まる単語やフレーズでした。補足説明が多くなってしまいました。それだけに重要度は高いと思います。

それでは、また。

鹿児島弁の五十音表
(クリックするとその文字が先頭の単語一覧表に飛びます)







関連記事

  1. 「ろ」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  2. 「ふ」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  3. 西郷どん第16回で出てきた鹿児島弁の解説

  4. 「か」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  5. 「を」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  6. 西郷どん第10回で出てきた鹿児島弁の解説

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー