「ひ」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

こんにちは。熊の実です。

今回は「ひ」で始まる鹿児島弁の単語を挙げています。「ひ」で始まる鹿児島弁はおそらく五十音の中で最も数が多いと考えられ、ここで挙げただけでも264個になりました。多いだけに、それなりにけっこう重要な表現が含まれています。解説は表のあとに書いています。

「ひ」で始まる鹿児島弁の単語

番号
鹿児島弁
意味
1
2
とげ
3
ヒアガッ
干上がる
4
ヒアソッ
火遊び
5
ヒアタィ
陽当たり/日当たり
6
ヒイ
7
ヒイ
8
ヒイ
にんにく
9
ヒィ
言う
10
ヒィ
放つ
11
ヒイカアサッ
昼過ぎ
12
ヒイネ
昼寝
13
ヒイノヒナカ
日中
14
ヒイマ
昼間
15
ヒイマエ
昼前
16
ヒイメッ
昼めし
17
ヒイヤスン
昼休み
18
ヒウッイシ
火打石
19
ヒエ
黴菌(ばいきん)
20
ヒエガイッ
悪寒や発熱がすること
21
ヒエクセ
生臭い
22
ヒエクッ
冷えた
23
ヒエクッサカ
魚臭い
24
ヒエトイ
稗取り
25
ヒエモントイ
死んだ罪人から肝をとること
26
ヒエンビョ
淋病
27
ヒオコシ
火吹き竹
28
ヒカイ
29
ヒガイタン
悩み心配する
30
ヒカイムン
夜中に光を発する物
31
ヒカッ
火搔き棒
32
ヒガラメ
やぶにらみ
33
ヒカラビッ
干涸びる
34
ヒカルッ
惹かれる
35
ヒガンキ
馬酔木
36
ヒガンバナ
曼珠沙華
37
ヒキ
低い
38
ヒキオ
引き合う
39
ヒキアグッ
引き揚げる
40
ヒキアン
引き網
41
ヒクスッ
贔屓する
42
ヒゲモッゾ
ひげむじゃら、ひげづら
43
ヒゲムシ
毛虫
44
ヒコ
程(ほど)
45
ヒコジイ
引きずる
46
ヒコタクッ
引きまくる
47
ヒコハユッ
引きのばす
48
ヒザガツンブシ
膝がしら
49
ヒシ
返事
50
ヒジ
ひどい
51
ヒシチ
一日中
52
ヒシチグラシ
その日暮らし
53
ヒシチゴシ
一日おき、隔日
54
ヒシテガカイ
一日がかり
55
ヒシヤッ
柄杓
56
ヒタ
57
ヒダイ
58
ヒダイカ
ひもじい
59
ヒダイギッ
左利き
60
ヒダイギッチョ
左利き
61
ヒタガ
白髪
62
ヒタケンケン
片足とび
63
ヒタシ
おしめ、おむつ
64
ヒダヒダ
牛への掛け声
65
ヒタッ
下地(したじ)
66
ヒダッブシ
膝頭(ひざがしら)
67
ヒタメ
シラミ
68
ヒダリ
ひもじい
69
ヒダルカ
ひもじい
70
ヒタワレ
お笑い
71
ヒタン
知らない
72
ヒチョッ
して置く
73
ヒッ
七つ
74
ヒッ
屁をひる
75
ヒッ
引く
76
ヒッ
顔色
77
ピッ
78
ビッ
蛙(カエル)
79
ヒッオロス
引き下ろす
80
ヒッカ
低い
81
ヒッカキルッ
霜焼けする、皹(あかぎれ)する
82
ヒッカグッ
欠ける
83
ヒッカタグイ
担ぐ
84
ヒッカタビク
傾く
85
ヒッカタビッ
傾く
86
ヒッガネ
引き金
87
ビッガヒッチ
怖じ気づく
88
ヒッカブイ
湯などをかぶる
89
ヒッカブイ
卑怯者
90
ヒッカブイ
弱虫
91
ヒッカブイ
下痢
92
ヒッカル
背負う
93
ヒッカルイ
枯れる
94
ヒッカレタ
枯れてしまった
95
ヒッキエタ
消えてしまった
96
ヒッキャブッ
破る
97
ヒッキャグッ
引き揚げる
98
ヒッキャワン
引き合わない
99
ヒッキャワンハナシ
引き合わない話
100
ヒッキユッ
消える
101
ヒックカアッ
転倒する
102
ヒックイカエッ
ひっくりかえす
103
ヒックダ
引き込んだ
104
ヒックダイ
下る
105
ヒックダッセエ
下ってしまって
106
ヒッコガス
ひっこ抜く
107
ヒッコロダ
転んだ
108
ヒッコヤス
ひっこ抜く
109
ヒッコン
引き込む
110
ヒッサガッ
引き下がる
111
ヒッサクル
やっつける
112
ヒッザッ
引き破る
113
ヒッザン
引き算
114
ヒッシオ
引き潮
115
ビッシャグッ
潰れる
116
ビッシゲタ
潰れた
117
ビッショイナッタ
濡れた
118
ヒッソイ
ひっそり
119
ヒッソヒッソ
ひそひそ
120
ヒッタイ
すっかり
121
ヒッタオス
引き倒す
122
ヒッダスッ
引き出す
123
ビッタドン
ヒキガエル、蟾蜍
124
ヒッタマガッタ
驚いた
125
ヒッタモッ
食べる
126
ヒッチオツイ
落ちる
127
ヒッチギッ
引きちぎる
128
ヒッチゴ
違う
129
ヒッチッ
付く
130
ヒッチネッ
うたた寝をする
131
ヒッチャ
質屋
132
ヒッチャブッ
破る
133
ヒッチャブレ
ボロ着物、ボロ服
134
ヒッチャエタ
落ちた
135
ヒッチャユッ
落ちる
136
ヒッチャルッ
落ちる
137
ビッチョ
138
ヒッチョイカブイ
知ったかぶり
139
ヒッチョイドン
物知り
140
ヒッチラクッ
散らかす
141
ヒッツイ
痙攣
142
ヒッツカイ
水漬かりになる
143
ヒッツッ
付着する
144
ヒッテ
ひやっ!
145
ヒットデタ
飛び出した
146
ヒットマッ
泊まる
147
ヒットマッ
止まる
148
ヒットンダ
飛んだ
148-2
ヒッパシッ
破裂する
149
ヒッパスン
はさむ
150
ヒッパッ
引っ張る
151
ヒッハル
引き払う
152
ヒデ
ひどい
153
ヒデイ
旱(ひでり)、日照り
154
ヒデグチ
ひたい
155
ヒトイ
ひとり
156
ヒトイズモ
一人相撲
157
ヒトカレ
一背負い
158
ヒトクッ
ひとくち
159
ヒトシコ
同じ
160
ヒトジッ
人質
161
ヒトスッ
一筋
162
ヒトダッケ
人助け
163
ヒトチ
一つに
164
ヒトチャ
一つは
165
ヒトッバ
犬槇(イヌマキ)
166
ヒトムカッ
一昔
167
ヒトッモ
全然
168
ヒトハヤイ
一時の流行
169
ヒドン
太陽、お日様
170
ヒトンシ
世間の人
171
ヒトンネ
他家
172
ビナ
蜷(にな)
173
ヒナカイッペ
半日いっぱい
174
ヒナジョ
ひな人形
175
ヒナジョユエ
ひな祭り
176
ヒネイコ
紙こより
177
ヒネッ
ひねる
178
ヒネクルッ
ひねくれる
179
ヒノイッニッ
一日中
180
ヒノオラッ
怒鳴る
181
ヒノカンサア
火の神
182
ヒノクイマ
火の車
183
ヒノッ
檜(ひのき)
184
ヒバイ
雲雀(ひばり)
185
ヒバッ
火鉢
186
ビビンコ
肩車
187
ヒボ
紐(ひも)
188
ヒボカス
乾かす
189
ヒボクッ
火傷で皮膚がただれる
190
ヒメガタシ
サザンカ
191
ヒメシ
昼飯
192
ヒモジ
ひだるい
193
ビヤ
枇杷(びわ)
194
ヒヤカ
冷たい
195
ヒヤガッ
干上がる
196
ヒャッ
197
ヒャッショ
百姓
198
ヒャッネン
百年
199
ヒヤミッ
冷や水
200
ヒュタン
瓢箪(ひょうたん)
201
ヒュ
俵(ひょう)
202
ヒユッ
寒い
203
ビヨ
病気
204
ビヨイ
日和
205
ヒヨエ
病弱
206
ヒョクッ
からかう
207
ヒョクッ
突然
208
ヒョシ
はずみ
209
ビョッ
屏風
210
ヒョッコイト
不意に
211
ヒョッスット
ひょっとすると、あるいは
212
ヒヨトイ
日雇い
213
ビョニンタロ
病人
214
ヒョロイヒョロイ
ウロウロ
215
ヒョロナゲ
細くて長い
216
ヒライヒライ
ひりひり痛む
217
ヒラグヮチョ
顔面の広い人
218
ヒラッ
開く
219
ヒラテ
たいらな
220
ヒラメッ
ひらめく
221
ヒラメタ
ひらめいた
222
ヒリ
広い
223
ビリクソ
下痢
224
ヒルアツムイ
拾い集める
225
ヒレワイ
広いです
226
ヒロ
拾う
227
ヒロカ
広い
228
ヒロムッ
広める
229
ヒワィ
日割り
230
ヒワルッ
ひび割れる
231
ヒン
格好
232
ヒンカツ
ジョウビタキ(鳥)
233
ヒンガヨカ
格好が良い
234
ヒンガワリ
格好が悪い
235
ヒンコロッ
転ぶ
236
ヒンジャゴロ
貧乏人
237
ヒンソ
貧相
238
ビンタ
239
ビンタサゲミッ
礼儀
240
ビンダレ
洗面器
241
ヒンダレタ
疲れた
242
ビンタヲツン
散髪する
243
ビンドメ
ヘアーピン
244
ヒンナク
泣く
245
ヒンナッ
なった
246
ヒンナムッ
なめる
247
ヒンナムン
貧しい人
248
ヒンニグイ
逃げてしまう
249
ヒンニッ
引き抜く
250
ヒンヌクイ
抜けてしまう
251
ヒンヌッ
脱ぐ
252
ヒンネ
昼寝
253
ヒンネマイ
腐る
254
ヒンノヒナカ
真っ昼間
255
ヒンノン
飲む
256
ピンピンムシ
孑孒(ぼうふら)、ボウフラ
257
ビンブ
貧乏
258
ビンブンカン
貧乏神
259
ヒンマガッ
曲がる
260
ヒンメシ
昼飯
261
ヒンモドイガ
帰ろうよ
262
ヒンモドッ
帰る
263
ヒンモユイ
燃える
264
ヒンモロ
もらう

2番の「ピ」(とげ)は、「ピガタッタ」(とげが刺さった)と言っていました。

9番の「ヒィ」(言う)について:「ウソヒイゴロ」は「嘘つき」

10番の「ヒィ」(放つ)について:「ヘヒイゴロ」は「屁をする奴」

11番の「ヒイカアサッ」(昼過ぎ)は「昼から先」→「昼過ぎ」

65番の「ヒタッ」(下地(したじ))はについて:「したじ」が「ヒタッ」になる感覚がわかりますか?

71番の「ヒタン」(知らない)は「シタン」とも言います。もちろん「知らん」でも通じます。

92番の「ヒッカル」(背負う)の「ヒッ」は強調で、「カル」は「カラウ」です。「背負う」ことを「からう」といいます。

112番の「ヒッザッ」(引き破る)は「引き裂く」→「ヒッサッ」

126番の「ヒッチオツイ」(落ちる)は「ヒッチョツイ」とも言います。たとえば高い柿の木に登ったとして「ソゲンタッカトコイニノボットヒッチョツッド」(そんな高いところに登ると落ちるぞ)という感じ。

141番の「ヒッツイ」(痙攣)は、動詞では「アシガヒッツッタ」(足が攣った)となります。

148-2番の「ヒッパシッ」(破裂する)は、「風船がひっぱしった」(風船が破裂した)とか使っていました。

157番の「ヒトカレ」(一背負い)について:「カレ」は「からうこと」なので「一背負い」となります。

171番の「ヒトンネ」(他家)は「ヒトノイエ」→「ヒトンエ」または「ヒトンネ」

172番の「ビナ」(蜷(にな))に関して:川にいる貝で、タニシほど大きくないのを「コビナ」と呼んでいました。もしかしたらローカルな話かもしれませんが・・・

175番の「ヒナジョユエ」(ひな祭り)の「ユエ」は「祝い」→「ユエ」

208番の「ヒョシ」(はずみ)は「拍子」からきていると私は考えています。

239番の「ビンタサゲミッ」(礼儀)は「ビンタサゲミチ」→「ビンタサゲ道」→「頭下げ道」→「礼儀」

247番の「ヒンナムン」(貧しい人)は「貧な者」から来ていると私は考えています。

以上です。最も数が多いだけに重要な単語やフレーズも多数含まれていました。強調の「ヒッ」が付いた単語はたくさんあるので、「ヒッ」が付くことを覚えておけばよいと思います。

それでは、また。

鹿児島弁の五十音表
(クリックするとその文字が先頭の単語一覧表に飛びます)







関連記事

  1. 「ろ」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  2. 西郷どん第14回で出てきた鹿児島弁の解説

  3. 西郷どん第7回で出てきた鹿児島弁とうなぎの捕り方の解説

  4. 「を」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  5. 「け」で始まる鹿児島弁の単語とフレーズ

  6. 西郷どん第5回で出てきた鹿児島弁の解説

  1. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  2. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  3. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

    2020.09.11

  4. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

    2020.09.08

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

    2020.09.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー